EPARK歯科 予約はコチラ
〒771-0212
徳島県板野郡松茂町
中喜来字前原東三番越16-3
TEL:088-699-8111

徳島県にある歯医者。予防歯科・歯周病治療・インプラント・審美歯科・ホワイトニング

インプラント


インプラントとは

インプラントとは失ってしまった天然歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を作製し装着する方法です。
骨と完全に結合する(オッセオインテグレーション)なので、従来の入れ歯のようにガタついたりせず、天然歯と同様に機能的にも審美的にも元のように回復することができます。
インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、口の中がスッキリとし、本来の自然な運動が蘇ります。
また、制作された人工の歯のぴったりと固定されてますから、固いものでも楽にたべられるようになります。

インプラント治療を正しくご理解いただくために

「インプラントとはどういう治療法ですか?」
患者様からよく受ける質問です。
限られた診療時間の中ではその内容のすべてを1回でお伝えすることができません。
詳しくはこちらのページでご案内しております。

治療費用

一本あたり25万円~です。
症状や治療の内容により負担費用額は異なります。
インプラント治療には健康保険が適用されませんが、医療費控除の対象になることもあります。

インプラント治療の流れ

口腔内の診査

X線写真撮影や、口腔内診査を行いお口の中の状況を確認させて頂きます。
検査結果をもとに最善の治療計画を提案させて頂き、治療計画を決定致します。

治療・歯のクリーニング

必要だと判断した場合、インプラント埋入前にクリーニングや歯周病治療を行い、お口の中を出来るだけ雑菌の少ない環境にします。

一次手術(インプラント埋入手術)


  • 歯を失った状態です。

  • インプラントを埋め込むため顎の骨に穴を開けます。

  • インプラントの本体(フィクスチャー)を埋め込みます。

  • インプラント上部にキャップを取り付けて歯間を縫合します。

一次手術後、インプラントが骨と強固に結合するまで待ちます。上顎の場合約4~6ヶ月。下顎の場合約2~4ヶ月ほどかかります。
この間に虫歯の治療や歯のクリーニングを行うことで、時間を有効に使います。

二次手術(インプラントの頭を出す手術)

一次手術の治癒期間後、インプラント上部を掘り出し、歯肉の治癒を促進するための専用キャップを取り付けます。
この操作が二次手術と呼ばれています。

支台装置(アバットメント)装着

歯肉が治癒したら、アバットメントと呼ばれる歯を取り付けるための支台装置を装着します。
ここで、インプラントにサポートされた仮歯が入ります。

印象採得(型どり)

二次手術後、上部構造(人工歯・クラウン)の型をとります。インプラントの本数が多い場合は、精密な型どり用の装置が必要になるため、予備の型をとります。

上部構造の作製・装着

仮歯で問題点を解決した上で、最終的な上部構造(人工歯・クラウン)を装着致します。見た目は天然歯とほとんど変わりません。

メインテナンス

期間は個人差はありますが、1~6ヶ月に一度はお口の状態をチェックに来て頂きます。

抜歯即時インプラント

ムービーで見る抜歯即時インプラントの流れ

抜歯後の歯肉が治っているということがインプラント埋入の大前提でした。

しかし今では条件を満たせば抜歯してそのまますぐに埋入することが可能です。同時に仮歯が入れられる状態であれば、歯のない時期はまったくないことになります。

残せなくなった歯を抜歯します。

抜歯した所に、すぐに人工の歯根を埋込します。

骨と人工歯根の隙間に、骨補填材を詰め込み、しっかりとあごの骨と固定します。

状態によっては、すぐに仮歯を入れることもできます。

ソケットリフト

インプラントを行うに場合、骨の幅や高さが無い場合、治療が出来ない場合があります。特に上顎の場合は上顎洞という空洞があり、治療を難しいものにしてきました。しかし現在では、技術や材料の進歩により、ソケットリフト法での治療が可能になりました。これにより、骨の量が充分でなくても、より理想的な位置にインプラントを埋入できるようになってきました。
ソケットリフト法は、特殊な器具を用いてインプラントを埋め込む穴を開け、その部分に骨補填材(人工骨)を填入します。これにより骨の密度が高まるので歯槽骨の高さが確保されます。

ムービーで見る抜歯即時インプラントの流れ

上顎の場合、骨が吸収してインプラント埋入のための骨の高さが足りない場合が多くみられます。副鼻腔という洞が高さを限定しているからです。

インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済みます。
術後の腫れもほとんどなく、入院の必要もありません。

上顎の骨が薄くなっています。

専用ドリルを用いて上顎洞の粘膜を傷つけることなく、上顎洞底部を押し上げます。

押し上げた部分に専用器具を用いて骨補填材(人工骨)を填入します。

特殊な器具を用いて上顎洞底部の骨密度を高めます。

インプラントを埋入するための骨の高さを十分確保します。

インプラントを埋入します。

インプラントQ&A

治療費は一体どのくらいかかりますか?
現在は保険治療の効かない自由診療(自費)扱いです。入れるインプラントの本数など治療内容に応じて費用は左右されます。詳しくは料金案内をご覧ください。
治療期間はどのくらいかかりますか?
一次手術後、約4ヶ月~半年程度です。インプラントを埋めた部位や骨の質など、治療の状況等により個人差があります。
誰でも治療はうけられますか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健康な方であれば基本的には誰にでも治療を受けることができます。但し、妊娠中の方、お口の衛生状態の悪い方、骨の量や密度が十分でない方、心臓病糖尿病などの全身疾患のある方は制限される場合があります。
インプラントに寿命はあるのでしょうか?
すでに25年以上使用されている方もおられますが、大切なのは患者様の日頃のケアと定期的な点検です。お口の衛生状態が良好だと長持ちしますし、手入れが悪いと寿命が短くなる場合もあります。
インプラントと入れ歯ではどちらがいいですか?
インプラントには、従来の入れ歯のようにアクリル系やプラスチックの床(ピンク色の部分)、あるいは残存している歯に引っ掛ける止め金が必要ないので、本来の自然な運動が蘇ります。
また、インプラントの場合は、制作された人工の歯としっかり固定されますので、堅い物を噛んでも痛みもなく、天然歯の時と同じような感覚で噛むことができます。
インプラントのメリットとデメリットは何ですか?
メリット
  1. 天然歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
  2. 周りの歯を傷つけません。
  3. 見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
  4. インプラントがあごの骨に力を加えますから、あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。
デメリット
  1. 歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
  2. 心臓病糖尿病などの全身疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
  3. 歯触りがにぶいです。
体に影響はありますか。
カルシテック・インプラントの表面に使われている材料は、ハイドロキシアパタイトと呼ばれ、顎(あご)の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。他のインプラントシステムと比較してもさらに生体と馴染みやすく、身体には全く影響はありません。
手術時に痛みはありますか?
インプラントを顎(あご)の骨に植える手術は、局部麻酔をして行いますので、痛みに関してはは心配ありません。
↑